河南の旅へ  河南の文化  観光地図  観光コース  ショッピング  ホテル ·English·中文
 
トップ 観光地図 南陽 柏山淮源風景名勝地  
   鄭州 市
   洛陽 市
   開封 市
   焦作 市
   許昌 市
   南陽 市
   新郷 市
   伏牛山 市
   小浪底 市
   商丘 市
   漯河 市
   濮陽 市
   駐馬店 市
   安陽 市
   平頂山 市
   済源 市
   信陽 市
   三門峡 市
   周口 市
   鶴壁 市
柏山淮源風景名勝地
桐柏山淮源風景名勝地
アトラクション:桐柏山淮源風景名勝地
種類:AAA
エリア:南陽
連絡先:





    桐柏山淮源風景名勝地は省レベルの名勝で、豫南の南部と湖北の北部の境界の桐柏山脈の中間に位置する。千里の淮河の発祥地及び長江と淮河流域の分水嶺の所在地で、面積は108平方キロメートル、桐柏県城まで3キロメートルがある。観光、科学研究考察、休日、避暑、革命伝統の教育を一体に集める山岳型名勝である。



    観光地内は奇峰はシューを競い、山々は幾重にも重なり合って、森林はすきまなく広がっている。滝と泉は多くて、光景は多種多様で、観光資源はとりわけ恵まれている。専門家に「華山の高さと険しさに比べられ、黄山とシューを競う」と評価された。自然の景観は美しく、人文の景観は至る所にあって、文化の内包の沈積は深い。全国独特な淮源の文化を主体にし、仏教の文化、盤古の文化、『西遊記』の文化、革命根拠地の文化を兼ね備える。観光地内は淮源、太白頂、桃花洞、水簾洞それぞれ特色を持つ四つの観光地に分け、各類の名所は百余りある。桐柏山の古い八つの名勝の「大復横雲、禹舟鉄環、清淮侵月、玉井竜淵、桃洞鋪霞、漢寺虬柏、金亭翠阙、水簾掛雪」は皆区内にある。淮源の景勝は大勢の有名人や文人を引き寄せた。戦国の鬼谷子王禅、漢の初めの張良がここで隠遁したことがある。李白が親友の元丹丘を訪ねる時「未窮三四山、已歴千万転……峰峦秀中天、登眺不可尽」の名句を残した。宋の詩人の白玉蟾も「万頃白雲蒸緑壁、一声黄鶴鳴青霄」の佳句を書いた。明の時代の「弘正七子」の一人の何景明が「他年淮源能相訪、桐柏山共結庐」の願望を切に表現した。




    観光地は亜熱帯と暖温帯の移行地帯にあって、気候があたたかくて湿り気があっる。四季は明らかで、動植物の種類は非常に多い。南北の交際地区にあり、南疆の景韻があって、また北の国の風景も備える。多くの例えば金銭豹、金彫、センザンコウ、サンショウウオがあって、香果樹、イチョウ、シタンなどの国家の重点保護動植物もある。古い木は多くて、そして千ムーの原始林があって、植生の被覆率は95%に達し、完全な移行地帯の生態システムと良好な自然な生態環境を持っている。中原地区の独特な天然の生物の遺伝子バンク、自然博物館と天然の森林公園と称される。



    淮河は我が国の古い四涜の一つで、秦始皇26年ここで淮祠を建て始め、また淮涜廟と呼ぶ。その後歴代の帝王は幸福を祈って災難を免れるため、淮河を何度も封贈して、淮涜の位牌の比王公、祭祀の廟も修復し重ね、王公の規格によってますます雄大で壮観になる。淮の神を祭る場所になって、歴代の皇帝は何度も重臣の使者を派遣したり自ら臨んだりして淮を弔った。多くの帝王はかつて淮涜廟のために御碑を題した。康煕は御本「霊涜安瀾」を持って弔い、雍正は廟のために「恵済可漕」を題した。明の国を立てた皇帝の朱元璋は自ら文を書いて、石碑に刻んで廟に立てた。千里の淮河の源には禹王廟があって、清の康煕34年桐柏の県知事の高士鐸が淮井亭に碑を立て、雄勁で古風で素朴な「淮源」が今なお現存する。ここは観光客が淮源に奥深い静かな所を尋ね、淮源の山水と古い文化を研究する景勝地である。



桐柏山の主峰の太白頂は淮河の発祥地で海抜1140メートル、省レベルの自然保護区である。天下の名刹の雲台禅寺が山頂にあり桐柏山の仏教の臨済宗白雲系の発祥地でかつて浙江の普陀寺と名声を等し、「南方普陀、北方雲台」と称された。今のところ、桐柏山の和尚は国内外至る所にいる。例えば米国の大悲院の如修法師、ミャンマーのヤンゴンの蓮花寺の妙智法師、香港の青年仏教協会の永久指導教官の暢懐法師などがいる。近くに淮井、張良洞などの数十か所の名所があって、観光客や参拝者などが一年中絶え間なく来ている。




    水簾洞観光地は町から3キロメートル離れ、群山はぐるりと取り囲んで、緑樹が木蔭をつくっている。通天河の水は60数メートルの絶壁の上から飛び降り、すだれのようである。絶壁の上は天然の石洞があり水のすだれが洞の入り口を覆い隠して百人を収容することができる。これが水簾洞だ。水質は甘く冷たくてさわやかだ。澄みきって底まで見通すことができる。四季は乾かないで、冬は暖かくて夏は涼しい。道家に天下の第41の恵まれた地、36の洞と称される。また桐柏の古八景の一つである「水簾掛雪」は療養、避暑、休暇の勝地である。洞の側に水簾寺があり千数年の歴史を持っている。寺内に海外の桐柏山仏教の弟子が寄贈したミャンマーの翠色の玉の大仏があって、高さ1.5メートル重さ1.8トンで、技術は巧みで完璧で、国宝と称される。



桃花洞観光地は桐柏山のもう一つの景観群である。ある峡谷の中に天然の石洞の群がある。奥深く静かで木は高くそびえて山一面に野生の桃の木がある。花が満開の時、美しく霞の如く錦ようで、春の景色に添えていっそう人を酔わせさせる。桐柏の古八景の一つ「桃洞鋪霞」と称される。また孫ヒンが修行を積む地であると伝えられる。ここには千ムーの原始林があって、科学研究考察、休暇、避暑の良い地である。



    桐柏山淮源名勝地は地理位置が優越して、交通は便利だ。南陽、信陽、鄭州、武漢の中心にあって、東は信陽鶏公山に接し、南は長江三峡に臨み、北は少林寺と隣り合っていて、西は西安と南陽武侯祠に通じ、312国道は観光地区に沿って過ぎる。数年来の開発を経て、現在の観光地区の基礎施設はそろって、食事、宿泊、交通は便利で、すでに中原地区の人気がある観光地になった。



    アドレス:南陽市桐柏県淮源大通り56番


 
 
 
私たちに関して | 私たちに連絡してください | 広告 | フィードバックしてください | サイトマップ | リンク
版権とコピー; 河南の国家の観光政権
メール:hnta@hnta.gov.cn
連絡メッセ ージ