河南の旅へ  河南の文化  観光地図  観光コース  ショッピング  ホテル ·English·中文
 
トップ 観光コース 古跡 古都旧跡名所の観光(北京―安陽―鄭州―開封―洛陽―西安七日コース)  
   古跡
   功夫
   祖先を恭しく祭ります
   自然の風景
   田園の風景
ラインの詳細
旅行線: 古都旧跡名所の観光(北京―安陽―鄭州―開封―洛陽―西安七日コース)
ラインの種類: 古跡
関連サイト: 河南博物院  黄河風景名勝区  竜亭風景区  清明上河園  関林  竜門石窟

甲骨文

    一日目と二日目:北京
    天安門広場、故宮博物院、颐和園、八達嶺長城。夜汽車で安陽へ。
    三日目:安陽―鄭州
    午前は甲骨文の発現地―殷墟博物院と有名な古塔―文峰塔。午後は中国古代の易経文化の発源地―湯陰羑里城。そのあと鄭州へ。(鄭州市に泊まる)

河南博物館

    四日目:鄭州
    午前は全国四つの博物館の一の河南博物館を見物する。午後は鄭州の北にある黄河観光区。エアー·カーに乗って黄河風景が楽しむ。夜は英協豫園で「中原三絶」―羊肉麺、少林武術、河南地方劇の豫劇を味わう。(鄭州に泊まる)
    五日目:鄭州―開封
    午前開封へ移動する。宋代テーマ文化公園ー開封清明上河園、竜亭の観光。お昼は有名な「第一楼灌湯包子(小籠包子)宴」(いろいろな種類の肉饅)を味わう。午後は鉄塔、開封府、包公祠(あるいは大相国寺、山陝甘会館)。夜は鼓楼の夜市へ行き、地方の特色がある軽い食を食べてみる。(開封に泊まる)

竜門石窟

    六日目:開封―洛陽
    午前洛陽へ移動する。お昼は有名な洛陽の「真不同」という「水席」(料理の名前)を味わう。午後は中国仏教の「釈源」と称されている白马寺、神州牡丹園、世界文化遺産且つ中国三つの仏教芸術の宝庫の一つである―竜門石窟、武術の聖人の関羽の墓―関林の観光。夜汽車で西安へ。
    七日目:西安
    兵馬俑博物館、陝西省博物館、大雁塔の観光が終わったら、北京にもどる。または西安から帰る。
    Tel:0086-400-666-0166
    Email:
henantour@gmail.com
    Skype:karenzheng2004
 
私たちに関して | 私たちに連絡してください | 広告 | フィードバックしてください | サイトマップ | リンク
版権とコピー; 河南の国家の観光政権
メール:hnta@hnta.gov.cn
連絡メッセ ージ