河南の旅へ  河南の文化  観光地図  観光コース  ショッピング  ホテル ·English·中文
 
トップ 河南の文化  
   味スナック
   河南風習
   河南マスターズ
蘇氏の起源は二つある。一つは高陽からである。《蘇洵族譜》によると、「蘇氏は初めは高陽からである。高陽の子は称で、称の子は老童で、老童の子は重黎と呉回を生んだ。呉回が陸終を生んで、陸終は六人の子を生んだ。上の子は矾で、昆武である。昆武は最初は己姓で、それから蘇、顧、温、董である。」と書いてある。その後、蘇氏は河南、河内に繁えいして、だんだんに人数が多い姓になった。もう一つの蘇氏は少数民族から起源した。漢代遼東乌垣に蘇氏がある。また《魏書官氏志》の記載によると、北魏拔略氏は蘇姓に変えたそうである。
豫劇は梆子戯に属して、4種類の流派の音楽分けられている。開封を中心にしたのは「祥符調」で、商邱を中心にしたのは「豫東調」で、また「東路調」とも称されている。洛陽を中心にしたのは「豫西調」で、また「西符調」、「靠山簧」とも称されている。豫東南砂河流域の流行っている歌い方は「砂河調」と言い、「本地梆」とも称されている。豫劇はずっと歌で大きくなって、節回しがなめらかで、リズムが鮮明だ、口語化が高くあり、物を言うのがはっきりで、節回しは気持ちいくて、聴衆が聞こえやすく、出演の風格が質素で、郷土の息吹が濃厚だ。
河南料理の割ぽう方法は50余り種類がある。炸(油で揚げる)、熘(油で炒めてから調味料にくず粉を入れた汁をかけ、再び炒める)、煎る、炒める、蒸す、煮る、烙(こねた小麦粉をのばしてフライパンで焼く)、あぶる、いろいろ特色が違っている。葱と胡椒をよく使うのが特徴の一つである。それに、料理をするときに、強火がよく使われている。熱い鍋まだ熱くない油、速やかに焼き、料理は歯切れがいいし、やわらかい。
 
私たちに関して | 私たちに連絡してください | 広告 | フィードバックしてください | サイトマップ | リンク
版権とコピー; 河南の国家の観光政権
メール:hnta@hnta.gov.cn
連絡メッセ ージ